不動産査定は業者の「唾つけ」

何の理由もなく不動産事業者が無料で査定を行ってくれるわけがありません。その最大の目的はその不動産のオーナーとのコンタクトです。コンタクトを取ることで何が得られるのかというと、媒介契約を取り付ける可能性が生まれるということです。事業者の仕事の大きな部分としては「売りたい人」と「買いたい人」のマッチングです。そうして得られる仲介手数料自体がその事業者の売上であり、そのまま粗利に繋がります。ですから、ビジネスの一環として、キッカケとして無料査定を請け負うというやり方でオーナーとの接点を得たいのです。

もちろん、その事業者に仲介を委託するかどうかの選択権はオーナー側にあります。より高く、より良い条件で販売してくれる事業者を選択することは大前提ですし、その資産を最大限活用したいのであればそれは絶対に外せない条件です。ですから、どれだけ手厚く対応してもらっても、信頼できそうだと感じても、簡単に媒介契約を結ぶのではなく、しっかりと吟味する必要があります。

近年では簡単に不動産の査定ができるようになったということもあり、媒介契約を取りたいからといって無理に高額の査定結果を提示する事業者はあまりありません。セカンドオピニオンとして違う事業者に査定を頼みやすい状況にあるからです。ですから査定の結果と同時に事業者が提示するのは自社がどのような販売網を持っていて、どのような顧客にリーチしやすいのか、どのような物件に対して強みを持って買い手を探すことができるのかという条件です。

査定を頼むということは、その事業者がどのような方法で販売するのかという力量を知ることでもあります。複数社に依頼してさまざまな情報を得るのもオーナーとしては妥当な選択です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ